ロゴ

世界の針金細工

現在発見されている最も古いワイヤーは、エジプト古代文明の「入れ歯」???
ワイヤークラフトは、人間と金属の歴史と共に歩んできた、大変古い工芸技術です。

当初ワイヤーは、貴金属を一本一本削って作られていました。工業技術の発展と共に大量生産が可能になり、装飾品から実用品まで幅広く使われるようになりました。現在ワイヤー素材は、あらゆる産業において大変重要な技術となり、アートやクラフト素材としても人々に大変親しまれています。

古代:1本1本削り出して作られていた古代ワイヤー

BC3000年頃・エジプトでは、金銀ワイヤーで「入れ歯」の留め金が使われていたと言われています。当時ワイヤーの製法は、「金属板を短冊に切る」→「薄い一片を削り出す」→「ねじってプレスし強度を増す」と、手間も時間もかかるものでした。非常に高価なため、王侯貴族向けの装飾品などに使われていました。
地中海文明を経て中近東周辺各地へと、徐々にワイヤー加工技術は広がりました。AD3世紀頃、ギリシャ皇帝や上流階級の人々は、金糸・銀糸を織り込んだ衣類を、愛用したと伝えられています。古代インカ帝国の遺跡からも、エジプトと似た製法で作られたビーズや宝石をつなぐ 極細の金糸が発見されています。


中世〜近代:大量生産の時代・機械の発明と技術の進歩

金属の製法や技法の発明によって、一般社会でも武器や漁具などにワイヤーが使われるようになりました。
鉄ワイヤーは鎖や武器、釣り針などの実用品として、貴金属ワイヤーは高価な装飾品の材料になりました。特にイスラム世界では、宗教的・文化的背景から文様デザインが発展したため、金銀線で精緻な文様をあしらた、素晴らしい宝飾品が数多く作られています。

現在でも使われている「ダイスを使った技法(金属棒を穴を空けた金属パーツ(ダイス)に通し、力をかけて引っ張る)」は、BC6世紀ペルシャで発明されたと言われています。この技法によって手間を省くだけでなく、強度を飛躍的に延びました。
14世紀ドイツで水力を使った製造機械が発明され、16世紀半ばにイギリスでワイヤーを編む自動機械が開発されました。技術の進歩によってワイヤーの大量製造が可能になり、幅広く流通するようになりました。

産業革命〜近代:工業技術としての技術発展

産業が発展すると共に「強く」「長く」、ワイヤーの質が問われるようになりました。技術開発競争の結果、19世紀前半英国で熱処理によってワイヤーの強度を上げる技術が完成し、英国で特許法第一号として認可されたそうです。(※線材の熱処理法をPatentingと呼ぶ)
現在ワイヤーの用途はあらゆる分野に広がり、ミクロン単位の極少パーツから、数メートル規模のケーブルまでに発展しました。


日常雑貨としての普及

ワイヤーでバスケットなど生活雑貨を作る技術は、17世紀頃スロバキア地方で陶器を修繕する職人がルーツと言われています。18世紀に入ると職人達はヨーロッパ西部やアメリカに移住し、さまざまな製品を、大規模に工房展開するようになりました。

19世紀初頭。パリ産業博覧会にて宝飾的なワイヤー作品が出品され、その高度な技術と芸術性が非常に注目を集めました。博覧会をきっかけにワイヤー製品は装飾用コレクションとしての地位を、富裕層を中心に豪華な装飾品を特注する習慣ができあがりました。

その後大量生産が可能になってからは、芸術的なワイヤー製品が安く商品化されるようになりました。
パリのデパート 「Le Printemps」1905年のカタログによると、/折り畳み式ワイヤーバスケット/ランプシェード/花びん/エッグスタンド/フロアランプ/婦人用 バスケット/カード入れなど、様々な商品が掲載されています。豪華なワイヤー製品は大流行し、一種のステータスとなったそうです。 この時代のワイヤー製品は、現在アンティークとしての価値が認められており、各地で熱心なコレクターによって収集の対象となっています。国内のショップでよく見かけるワイヤー雑貨は、アジアで生産されたこの類の製品が多いようです。