日本の針金細工

日本にも、大変古くから針金と針金細工が存在していました。

各地に残る古墳時代の遺跡からは、青銅や銅を細く削った針金状の金属が多数出土しています。奈良時代には金属をたたいて延ばす加工技術も確立し、装飾品や仏具などに広く使われました。鉄製の針金は武具・針などの実用品に、金・銀針金は装飾品に、銅の針金は篩や金網など、様々な用途に使われていきました。刀剣の飾りなど素晴らしい作品が現存しています。

14世紀頃には、ダイスと水車を使ってワイヤーを大量生産する技術が普及。19世紀初頭には全国各地で大規模に産業化されました。明治初年には電線用などに細い銅線がごく普通だったことから、その頃には製造技術が確立していたと考えられています。
現在では日本各地で、伝統工芸から生活雑貨まで、独自のスタイルで発展した針金細工の数々が作られています。

青森市「ねぶた」

巨大な人形を載せた山車が街中をかけめぐる、青森の夏を幻想的に彩る「ねぶた」まつり。
ねぶたの骨組みはまさに「針金細工」です。針金で複雑な形にフォルムを形づ作り、外枠を構成しています。
針金の上から和紙を貼り合わせて外形を作り、絵の具で彩色して仕上げます。内部には非常に多くの電球が取り付けられていて、提灯のように光を通します。ロウで文様を描いてある部分は光を通すため、大変美しい効果を得られます。


京都・金網細工

銅線を伝統技法「亀甲編み」で編む技術です。編み目サイズに合わせて木台に多数の釘を打ち付け、釘に一本ずつ針金をかけてていねいな手作業で金網状に編みます。針金をねじる間隔を調整できるため、自由に網目を設定することができます。
金網細工の製品は、主に調理器具(豆腐すくい・焼き網・茶こし・ざるなど)。使い勝手の良さと張り替えができる点から、根強い需要があるそうです。

秋田・銀線細工

約200年の歴史を誇る秋田の代表的な伝統工芸「銀線細工」。非常に細かな手仕事による、独特の繊細で優美な技法により、アクセサリー・帯留めなどの装飾品を作ります。銀線のやわらかく上品な色艶を生かした大変美しい工芸品です。
細い純銀線(0.2〜1.5mm)をより合わせ、さまざまな形に巻いた後、あらかじめ作っておいた輪郭の中にはめ込んでロウ付け、磨いて仕上げます。