ハリガネコウサク

こどもこうさく

 かんたん!たのしい!
はりがねこうさくのページです。

 全国でお子様向けワークショップをおこなっています。お気軽にご相談下さい。

講座

 お問い合わせはメールにて■家具ショップ「のるすく」(都立大学)
「はじめてのワイヤークラフト」
※5月教室の募集は締め切りました。多数のご応募、ありがとうございました。
次回の開催は7月の予定です。どうぞお楽しみに!

大東市立生涯学習センター
「アクロス」

【日時】
毎月最終月曜日
デイ  14:00〜16:00
ナイト 18:30〜20:30
【料金】
各回¥3300(材料費・施設使用費込み)
【持ち物】
不要 ※無料レンタル工具あり

切る

ワイヤーの材質や径によって、工具の切断範囲が違います。パッケージをよく読み、適合する工具を選びましょう。
ラジオペンチもニッパも「刃物」です。先端部や刃に充分注意し、正しい持ち方で安全に作業してください。

ラジオペンチで切る

ニッパは小さい場所に

切り方の基本

刃に注意しながら切ると、切り口が良く見えるため、確実で安全な作業につながります。ワイヤーの端や切れ端に充分注意してください。
【手順】
1)体の内側に刃を向けて、ハンドルをはさみのように握ります。
2)刃とワイヤーの接点を良く見ながら、ハンドルを握り、切ります。

切り方のコツ

■切る方向
一般的には、ニッパ を垂直に入れて、ワイヤーを切ります。斜めに切りたい場合は、斜め方向に入れて、切ってください。
■切り口
工具の種類や切り方によって切り口の形が変化します。切り口を丸めたい場合には、金属やすりかサンドペーパーを使ってください。
■端の始末
ワイヤーがほつれて飛び出していると大変危険です。ラジオペンチでまとめておくか、ニッパ で切り落としておきましょう。
先端を巻きつけずに残す場合には、丸める/ビーズを入れるなど、必ず加工しておいてください。
■ゴミを集める
切れ端が飛ばないように注意し、ゴミはこまめに集めておきましょう。作業終了後は、必ず掃除機をかけてください。

ラジオペンチ

つかみ部奥に刃が付いています。切りたい素材(針金など)をはさみ、ハンドルを握って切ります。作業ごとに工具を持ち替えずにすむため、大変便利です。握った後にハンドルが戻るばね付きタイプがおすすめです。
【使い方】
1  刃を体の内側に向け、片手でハンドルを握ります。指を間にはさんだり、両手で使ったりしないでください。
2 ハンドルを握り、ワイヤーを切ります。安全のために手元をよく見ながら、作業してください。
【注意】
・ハンマーでたたく/ ハンマーのようにたたく/ 無理な切断などは、大変危険です。絶対に強い力をかけないでください。
・硬線(ピアノ線など)は切断できません。専門工具をご使用ください。

ニッパ (ニッパー)

切る専門の工具です。細かなパーツや奥の入り組んだ部分のカットや、まきつけた後のほつれをそろえたりなど、ラジオペンチでは使いにくい、または不可能な作業も簡単に行うことができます。先端が極めて鋭く、切れ端が飛びやすいため、無理な切断は厳禁です。
【使い方】
1  刃を体の内側に向け、片手でハンドルを握ります。指を間にはさんだり、両手で使ったりしないでください。
2 ハンドルを握り、ワイヤーを切ります。安全のために手元をよく見ながら、作業してください。
【注意】
・ハンマーでたたく/ ハンマーのようにたたく/ 無理な切断などは、大変危険です。絶対に強い力をかけないでください。
・硬線(ピアノ線など)は切断できません。専門工具をご使用ください。

ワイヤーカッター

硬いピアノ線や4mm以上の太い径など、普通のニッパ やペンチでは切ることができない種類のワイヤーを切ることができます。大変切れ味が良く切れ端が飛びやすいため、扱いには充分に注意しましょう。